スマホでできるチャットレディで稼いでわかったこと

「スマホでチャットレディができる」ようになってから、場所を選ばずにチャットで稼げるパフォーマーは、ライバルに対して一つ有利になりました。
今回はそんな「スマホチャットレディ」の貴重な体験談を掲載いたします!

1. チャットレディのお仕事を選んだ理由

私はスマホで出来るチャットレディを経験しました。
とにかく自宅で好きなときに出来るので便利だと思いました。
サイトによって報酬単価は異なりますが、本業のお仕事とは別に、お小遣い程度稼げたらラッキーだなと思って始めました。
色々な募集サイトがあるので迷いましたが、サポートが充実しているところ、
口コミを見て実際に働いている人がいるところ、サイトのサービスの詳細を調べて自分が納得いくところを探してみつけるところから始めました。
できるだけ短い時間で多く稼ぎたいという理由があり、アダルト対応の方が単価が良いので、アダルト希望の男性が多いサイトをメインに仕事をはじめました。

【私はここのチャットレディで稼ぎました! → 「モバイルライブチャット クレア」

2. 実際にお仕事をした時間と稼いだ額

週に1日だけのときもあれば、週5日の日もありました。
空いた時間で気が向いた時だけインしていたのでかなりムラがあったと思います。
時間は主に夕方から深夜にかけて多く、その時間に男性も多いような気がします。
仕事があれば月に10万円前後、少なくても5万円程は稼いでいました。
また女性同士の紹介制度がある場合、紹介するだけで数千円もらえる場合などもあるので、
興味がありそうな人に声をかけて登録してもらったこともありました。

3. お仕事をしていて一番大変だったこと

アダルト対応がOKな場合、様々なリクエストに答えるのは本当に大変です。
また、毎日決まった時間にチャットしていただける会員(いわゆる常連さん)がいないと継続した収入はないので、待機時間も根気が必要でした(待っているだけではポイントにならないので、自分から多くの人へメールなどするのも大変)

暴言や悪口を言われたりするような事はありませんでしたが、実際にやってみて一番大事だなと思うことは、
やはり相手を楽しませるためにもある程度会話の技術は必要です。

男性会員にとってはお金を払って女性と会話するわけなので、それに応えなくちゃいけないというプレッシャーは常にありました。
相手の無理な要求に応えなきゃいけなかったらどうしよう・・・
と心配をしていましたが、
意外に紳士的な男性が多いので、こちらが嫌な気分になったり困ったりするようなことはあまりありませんでした。

ただ、私が主にチャットしていた時間帯が夕方から深夜にかけてのライバルが多い時間帯だったので、会話する相手をライバルと取り合うのが一番大変でした。
私の場合は一度会話してしまえばリピーターになってくれる可能性も高く、少なくとも収入は得られるので、
何より顧客取得に力を入れました。

4. 夜のお仕事(水商売・風俗など)経験がありましたら、チャットレディと比較してどうだったか?など

夜の仕事ではセクキャバで働いていたことがありますが、1回の仕事での単価が多い分、やりがいはありましたが体力的にも大変でした。

それに比べてチャットレディは、自宅で寝転びながらでも出来るので楽でした。
しかし夜の仕事に比べて単価は低いので、地道にこつこつ収入を得る必要があります。

立て続けに会話が出来ればそれなりの収入にはなりますが、過疎状態のサイトの場合や時間帯を選んでしまうと、
無駄に待機してしまうようなこともあります。

しかし実際に顔を合わせない点や、嫌なことがあればこちらから遮断できる点では、
チャットレディの方が精神的負担は少ないと思います。

チャットレディなら相手の方も好みじゃないと分かればすぐに遮断してくれるので、実際に会って断られるよりは、
気持ち的にも後腐れなく楽でした。

通勤が苦手な方や日中に時間が取れない方などは、チャットレディの方が向いている気がします。
また、病気などの可能性もゼロなので、身体的負担も限りなく無いに等しいです。

5. チャットレディのお仕事をしようか迷っている方への正直なアドバイス

気軽に始められるので、興味がある方は登録してみて損はありません。
ただし接客業と同等、相手の気持ちを汲み取ることも大切です。

サイトによって報酬が払われないような不安はあるかもしれませんが、
きちんとした会社を選べばそんな事はありません。

サポートも体制も充実していて、女性に相談できるような会社もあるので、
まずは調べてみて、自分の納得のいくライブチャットサイトを見つけるのがいいと思います。

適当にやればそれなりの収入しか入らないので、正直楽して稼げるようなことはありません。

もちろん普通の仕事に比べたら、会話するだけでお金が入るので楽ですが、安易な気持ちで始めると、
思ったより稼げないと思うかもしれません。

ある程度は自分での努力も必要です。
そのかわり、頑張れば頑張る分だけ収入はアップします。

6. チャットレディ現役時に特に注意して気をつけていたこと。

自分を選んでもらうために、自己紹介の文や写真には気をつけました。

自分はどのような人間か、リアリティがあるほど男性は興味を持ってくれます。
また顔写真も見えないよりは見えているほうが、男性も安心してくれます。

ただ特定されるような文言などは避け、少し身長を盛ったり(158センチなら160センチなど)しました。
また、アダルト対応可能な場合はどちらかというとMよりのお客さんの方が多く、
自分がSになる方が楽な気がしました。

責められて対応できるならどちらでも大丈夫だとは思いますが、そういったことに抵抗がある場合は、
Mの男性を募集すると比較的対応が楽でした。

またサイトによって規約が異なっている場合もあるので、1つ一つ規約を確認することも大事でした。
収入が払われなかったことはありませんでしたが、少しでも違反をしているといくら稼いでいても支払われない可能性もあります。
また、法律によって定められていることもありますので、そのあたりもきちんと確認しておくのも大事です。

7. 満足いくほど稼げたか・稼げなかったか?またその原因とは?

人によっては本業ほどの収入を得ている人もいますが、自分が割いた時間に関しては稼げると思います。
最初から月20万や100万は難しいかもしれませんが、顧客がついたり長時間対応できるような環境であれば、
生活できるくらいの金額は稼げる可能性は十分にあります。

サボった月は5万円くらいでしたが、頑張った月には10万超えることも結構あったので、副業としてやっていた私としてはすごく満足していました。

また1つのサイトで頑張るよりも、複数のサイトでちょこちょこ活動した方が、
会員の男性をある程度収得できる可能性もあります。

どうしても1つのサイトだと男性の会員数は限られてしまうので、
チャットレディとしての登録作業は少し面倒ですが、あとあと収入を考えればやっておくべきだと思います。

普通の仕事と違うので、待機しているだけでは基本的に報酬は発生しません。
会員が多いサイトや、自分のプロフィールなど見直すとより稼げる可能性は出てくると思います。

5分でわかる!ライブチャット登録方法徹底解説

DMMライブチャット アイドルテレビ マシェリ ポケットワーク マダムでおしゃべり館 ライブでゴーゴー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>