妊婦が働ける仕事の求人は少ない!でもどうしてもお金を稼ぎたい場合

妊娠するとそれまでの仕事を続けることが困難になる

女性は妊娠すると、具合が悪くなったり眠くなったりして、それまで続けることができていた仕事が難しくなります。
つわりがひどい時期は訳もなくイライラしてしまうし、熱っぽくなって熟睡できる時間も激減してしまい、ものすごく体力をすり減らしてしまいます。
新しい命を体内で育むことは、それだけたくさんのエネルギーを消費していますし、お母さんは文字通り「命がけ」で赤ちゃんを産む準備をしているのです。

事務職なら他の仕事とよりは体の負担が少しは軽いかもしれませんが、そのほとんどは集中力を必要とされるお仕事ばかりで、妊娠初期症状がひどい人にはやはり大変です。
それに安定期には退職しなければなりませんが、かといって短期の求人もほとんどありません。

妊娠中に体や心に無理をしてしまうことは厳禁です。
特に妊娠初期は症状が特にひどく、流産の可能性が一番高い時期なので絶対安静にしなくてはなりません。
なのでほとんどの方が産休や退社をするのです。

妊娠後も仕事をしたい場合に考えなくてはならないこと

それでも現実的な問題の一つに、出産・その後育児に必要なお金があるかどうか?ということがあります。
人によって様々な家庭環境がありますから、妊娠中にどうしても仕事を可能な限り続けたいと思う妊婦の方もいます。
妊婦が仕事を探す前に考えなくてはならないことがあります。

◯考えることリスト

     
  • 不足している金額はいくらですか?
  •  

  • 稼がなくてはならない金額分のお金を、親戚や金融機関で借りることは難しいですか?
  •  

  • 借りることができる場合、産後の具体的返済計画がありますか?
  •  

  • 借りることができない場合、チャットレディで必要分のお金を稼ぐ覚悟はありますか

1. 必要なお金の額とそのタイミングを洗い出して不足している金額をしっかり把握する

お金が必要になる額と支払いのタイミングなど、これらのことをはっきりと明らかにしておくことで、いつまでにそのお金を準備しなくてはならないのか?準備するためにはどのくらいの収入を得られる仕事に就かなければならないのか?など、具体的な対策を導くことができる材料が増えます。

2&3. 一時的にお金が不足している場合はお金を借りて、その後しっかり返済

もし必要なお金を借りることができる可能性があるのなら、しっかりと返済計画を立てた上でお金を借り、じっくりと腰を据えて物事に取り組みましょう。急場をしのぐことができたのなら心にも余裕が生まれ、目に見える・考え付く手段に幅が出てくるはずです。

4. なぜチャットレディで稼ぐことを選ぶのか?

まず大前提として【チャットレディは「楽して高収入を得る仕事ではない」】ことを覚えておかなくてはなりません。
その上で、妊娠中の妊婦の方が仕事をするのにチャットレディを選ぶことはメリットがあります。

妊婦がチャットレディを選ぶメリット

     
  • 仕事をする時間が自由
  •  

  • 在宅を選ぶことができる
  •  

  • 基本的に体力はいらない
  •  

  • 妊婦需要のある会員がつく可能性があるため、短期間で必要な金額を稼ぐことができる可能性がある
  •  

  • 行動範囲が狭まり、他人と会話をする機会が減るので話し相手に困らない
  •  

  • 必要な金額を稼いだらいつでも止めることができる

心身への負担をできるだけかけたくない妊婦にとって、これらのメリットは大きいです。
ノンアダルトチャットサイトでインすれば、アダルトなリクエストを会員から受け付る必要もありません。

妊娠中にチャットレディは可能だが慎重に検討しなくてはならない

もし妊婦の方がチャットレディで稼ぐなら、検討すべきことはまだあります。
パートナーや親密な方に秘密を貫き通せるか?それともオープンにした方がいいのか?
特にマイナンバー制度により自分の番号を受け取った方は、説明可能な収入の理由も考えておかなくてはなりません。

けれどもそんなことはあなたが「稼げたら」の話です。
稼げなくてはそんな心配はする必要がありませんので、まずは試しに登録してみて、
稼ぎやすい初心者のうちに自分が必要なお金をチャットレディで稼ぐことができるか
試してみてはいかがでしょうか?

5分でわかる!ライブチャット登録方法徹底解説

DMMライブチャット アイドルテレビ マシェリ ポケットワーク マダムでおしゃべり館 ライブでゴーゴー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>